カーステレオ カーオーディオを家庭用ホームオーディオとして使う

久々の更新となってしまいました。

本業がおかげさまで忙しく、なかなか楽器を触る時間がとれません。

 

さて、今回はカーステレオの話です。

 

私には一人息子がおりまして、早いものでもうすぐ15歳になるみたいです。

最近では誰に似たのか知りませんが、オーディオなどの電気製品に夢中なようです。

 

 

工場の一角(2mx3mくらい)が彼の作業場。

机から電気配線まで全て自作です。

うちは家業が車屋なので、要らないカーステレオは沢山あります。

で、そのカーステレオをオーディオとして使用しています。

 

YouTubeで音楽を聴くのは今風ですが、最近の中高生が好むような音楽は嫌いなようで。

Lo-FiなHip-hopが好みのようです。

 

進化形

DVD、CD、MD、カセットと多様なソースに対応。

デッキはそのまま使用するのではなく、分解してOHします。

読み込まなくなったCDデッキやMDデッキは捨てられてしまうことがほとんどですが、

彼はどうにか修理しちゃいます。

カセットデッキもしっかり実働で、照明電球の色も変えてあります。

 

しまいには捨てられていたVHSデッキやHDレコーダーを拾ってきて、修理してしまう始末。

 

何故わざわざ100vを12vに変換してまでカーオーディオを使うのかと少々疑問に感じていたのですが、

今思うとカーオーディオをホームオーディオとして使うのは色々なメリットがあります。

 

まず、省スペースであること。

本格オーディオでコンポーネントを組もうとなるとそれなりの大きさになりますし、

重量もかなりのもの。

それに対しカーステレオはコンパクトに凝縮されてますので、卓上に置いても邪魔になりません。

 

次に、頑丈さ。

カーオーディオの使われる環境は劣悪です。

車室内はかなりの高温になりますし、常に走行時の振動を受けます。

そんな環境にも対応するカーステレオは、とても頑丈に作られています。

 

そして、意外に高音質。

安物は駄目ですけど、上位機種はびっくりするほどの高音質のものもあります。

イコライザーやクロスオーバー、DSPなどの細かなセッティングもでき、

1DIN本体のみで3Wayネットワークシステムを構築できるものもあります。

外部パワーアンプを使えばかなりの大音量も出ますし、

小音量でのニアフィールドリスニングにも適しているでしょう。

 

日本の住宅事情にマッチしていると思われるカーオーディオのホームオーディオ化。

調べてみると同じことを考えている人はやっぱりいるようで、愛好家も多いようです。

電源からボックスまでパッケージ化して製品化されたものもあるようです。

 

そうなると私も実践してみたくなってきました。

既製品をそのまま使うのも面白くないので、自作する予定です。

本業車屋の、オーディオデモ機としてもいいかなと思っています。

 

ギブソンレスポール 本家のサウンドはいかに?

たまたま楽器屋で発見した、ギブソンレスポールの中古。

2016年モデルのレスポールトラディショナル。

ほぼ新品のような状態で、しかも安い。

 

ギブソンに特に憧れがあったわけではありませんが、

ふと本家のレスポールってどんなもんなんだろう?と気になりだし、購入してしまいました。

10年後に売ったとしても同じくらいで売れそうな金額だったので。

 

 

レスポール トラディショナルは価格帯としてはスタンダードと同じくらいの位置づけですが、

ウェイトリリーフ(軽量化のためのくり抜き加工)が少な目の、伝統的な手法によって作られています。

そのため、スタンダードモデルよりも重いです。

トップのメイプルはさすがにラミネートではありません。

 

 

バックはマホガニーのセンター2ピース。

恐らくアフリカンマホガニーだと思います。

 

仕上げは薄めのラッカーフィニッシュで、高級感があります。

 

で、弾いてみた感想。

 

ハイがかなりきつい。

いつも通りのイコライジング(ほほフラット)で、他のギターと比べてキンキンと高音が耳につきます。

材がまだ新しいせいか?ピックアップの特性か?

いずれにせよ、古き良き図太いレスポールサウンドとは程遠い気がします。

 

結局あまり弾く気にならず、ほぼ飾り状態だったので勿体ないので売っちゃいました。

小売店で買っておきながら、しっかり利益も出してしまうという...

(商売人ですから)

 

予想通りの結果でしたが、このクラス(価格帯)ですと本家よりもよっぽど国産のほうが質は高いですね。

ヒスコレ以上ともなれば話は違うのでしょうけれども。

(価格も桁違いですが。)

 

すぐに手放してしまったギブソンレスポールのお話でした。

 

 

バッカス 初期レスポールタイプ リフィニッシュ オイルフィニッシュ

私が一番長く所有しているギターを紹介します。

バッカスのレスポールタイプ、正確な型番は覚えていませんが、

確かBLS120とかだったような。

当時、新品で12万円くらいで買いました。

12万円だなんて当時高校生の私にとってはかなりの大金で、そうそう買えるはずもないのですが、

「いいよ、持って行って。お金は月々払えるだけ払ってくれればいいから。」

という悪魔の囁き。

そう、恐怖の自社ローンで分不相応の楽器を手にしてしまったのです。

 

当時バッカスはまだ出てきたばかりの無名ブランドでしたが、

「これは本家ギブソンなんかよりよっぽど良い材を使っているし、音も格段に良い。」

と太鼓判を押され、購入に踏み切ったのでした。

 

確かに今の目で見てもとてもしっかりした造りです。

ボディーバックのマホガニーは綺麗な木目の1ピース。

当時30万円くらいしたギブソンレスポールですら2ピースなのに。

ヘッドの傾斜角に対して平行に木目をとったネック、そしてディープジョイント。

トップのブックマッチドメイプルはシンプルなプレーンですが、下手に虎杢ラミネートしてないのが質実剛健で好感度大。

 

音は、とにかく太い。

ミッドからローが強く出る図太いサウンドです。

 

唯一気に入らなかったのが、分厚いウレタンフィニッシュである点。

せっかくの良い材の鳴りを殺してしまっていると思うのです。

打痕などダメージも目立ってきましたので、リフィニッシュすることにしました。

 

まず、分厚い塗装を削り落とします。

シーラー、クリアーの2層塗装であることがわかります。

やっと全て剥がれました。

今回はナチュラルのオイルフィニッシュにします。

塗ると美しい木目が姿を見せます。

少し乾かして、余分な塗料を拭き取ります。

フレットの擦り合わせに入ります。

まず弦を張ってない状態でストレートにロッドを調整し、フレットの高さを均等に削ります。

使用するストレートエッジはエンジンの歪み測定に使うものですので、かなりの高精度。

最後に弦が滑らかに動くよう磨きます。

金属磨きはメタルポリッシュが一番です。

用意したハードウェアー達。

ヘッドは綺麗に磨きあげました。

新品ペグ。安心の日本製。

各部品を組み上げて、完成。

最後にネックの反り、弦高、オクターブピッチを調整します。

美しいマホガニーの木目。

生音の鳴りが心なしか良くなった気がします。

今回、ピックアップはセイモアダンカンのJAZZ MODELと59をチョイスしましたが、

なんかしっくりこなくて結局オリジナルに戻しました。

フロントはJAZZ MODELという名前からウォームな音を想像していたのですが、

意外とローがカットされたトレブリーな印象でした。

JAZZというよりFUSIONのような。

それに対してオリジナルはハイからローまで均等に出ます。

特徴が無いといってしまえばそれまでですが、かえって使いやすいのです。

 

長く使って飽きてしまったギターも、こうしてリフィニッシュしてあげると愛着も増し、長く付き合えますね。

楽器のリフィニッシュ、リペア承ります。

 

 

 

 

 

 

老後の夢 楽器屋になりたい!楽器屋に憧れる車屋のブログスタート

はじめまして。

簡単に自己紹介いたします。

SCM EXPERIENCEという車屋を営んでおります。

昭和54年生まれ、今年38歳になります。

趣味はサーフィン、釣り、たまに登山、そして音楽。

ギターを始めたのが確か中3の頃だったので、歴だけはそれなりになりました。

 

高校生時代〜は学業そっちのけでバンドに没頭。

PANTERAやRAGE AGAINST THE MACHINEなどに強く影響を受けたHEVY METAL HARD COREバンド、SKA-RAWSをメインに活動。

担当パートはEギターとボーカル。

楽曲はいきなりオリジナル製作。

 

それとは別でジュディーアンドマリーのコピーバンドにドラムで参加。

ルナシーやハイスタのコピーバンドにもドラムでスポット参加したりしていました。

 

SKA-RAWSはそのバンド名からSKAバンドとよく勘違いされましたが、

当人達は当時スカには全く興味がなく、スカ○ロに由来したバンド名だったのでした。

絶頂期の勢いは今の目で見てもかなりぶっ飛んでいたものと自負しております。

音源がないのが悔やまれますが、近いうちに再現録音したいと考えております。

 

高校を卒業してしばらく経った頃、近所の少し年上のお兄さんがいなくなったと思ったら、

しばらくしてからアフロヘアーになり64インパラに乗って帰ってきました。

しかも当時まだ珍しかったハイドロを組み、ガシャガシャ飛び跳ねるではありませんか。

そんな姿に影響を受け、車屋になりたいと思うようになり、今に至ります。

 

車屋になりたいという夢はとりあえず実現できたのですが、

もうひとつ夢というか、老後の人生設計として楽器屋になりたいと考えております。

 

小学生レベルの算数ができれば、年金制度は破綻し、あてにならない事くらいは目に見えています。

つまり、一生働いて稼がねば生きていけないのです。

 

歳を取って体力が衰えることを考えると、車屋を一生続けるのは大変なことです。

そこで、楽器屋なのです。

 

今でも趣味として楽器のリフィニッシュ、調整、リペアは自分でやります。

金属加工も面白いのですが、木材の加工も違った面白さがあります。

また、楽器の調整はプレイヤーの視点でなければできません。

楽器を弾ける人間でないと、調整はできないのです。

 

ということで、今後自分のコレクション(在庫)を紹介しつつ、

リペアなどの仕事内容を掲載していきたいと思います。

楽器に興味がある方はたまに覗いてもらえればと思いますのでよろしくお願い致します。

 

 

1
ページトップへ